ブランド品の査定額は店舗によって異なるので、複数の店舗で査定してもらうのがベストです。

実店舗とネットの店舗そちらが良いか?

 

いざ、ブランド品を売ろうと思っても、実際の店舗へ行ったほうが良いのか、ネットの店舗に売ったほうが良いのか迷いがちです。
どちらのほうがより高く買い取ってもらえるのでしょうか?

 

実店舗へ売る場合

実店舗へ売る際のメリットは「すぐに現金が手に入る事」であり、デメリットは「商品の持ち運びや交通費や移動時間がかかる」ことです。

 

ブランド品の査定額は店舗によって違ってくるので、出来るだけ複数の店舗で査定して貰うのがベストですが、対面で買い取りを頼むと、人によっては納得行かない金額でも、断りづらくて結局買い取ってもらってしまう、などの事が起きてしまう場合もあります。

 

また、複数の店舗に行くのに、お金も時間もかかってしまう事も考えられるため、面倒くさくて1件での査定金額に妥協してしまうことも考えられます。

 

実店舗へブランド品を売る場合には、リサイクルショップなどではなく、きちんとしたブランド買い取り専門店へ行かれる事をおすすめします。

 

大型チェーンの買い取り店舗よりも、小さなブランド買い取り専門店のほうが在庫の関係上、高く買い取ってもらえる事が多いようです。

 

ネットの店舗へ売る場合

メリットは「商品の査定を簡単に複数店舗に出してもらえる」ことで、デメリットは「現金がすぐに手に入らない」事です。

 

複数のブランド品の買い取り店舗に査定をメールやLINEなどで気軽に頼む事が出来、自宅で比較する事も出来るので、どこが一番高く買い取ってもらえるかを簡単に確認する事が出来ます。

 

送料や梱包代や実際の商品を見て査定金額が下がるなどして返送してもらう場合の送料も無料である場合が多いです。

 

店舗によっては、買取が成立すると有名サイトのクーポン券がもらえる特典などがある場合もあります。店舗によって条件が異なるので、様々な店舗のサイトをよく確認するようにしましょう。