買い取り業者がブランド専門店でない場合、ブランド品の価値以下の価格を提示されることがあります。

新品の高級ブランド品でも買取額が安い理由

 

高級ブランドの新品の状態で買い取りを頼んでも、買取額が安くなってしまう場合があります。
それはなぜなのでしょうか?ここではその理由をご紹介します。

 

在庫数が多い

買い取り店舗のほうで、同じブランドの同じ商品が大量に在庫としてあった場合には、高級ブランドの新品でも買い取りが安くなってしまう場合があります。

 

在庫数は店舗により異なってくるので、様々な店舗に査定をして買い取ってもらうのがベストです。
納得できる金額査定の出たところに買い取りをお願いするようにしましょう。

 

人気や需要がない

高級ブランドの新品であっても、そのブランドの商品に人気や需要がそれほど無かったりすると買い取り金額が安くなる場合があります。
人気がない場合は、どのブランド買い取り専門店の店舗で査定をしてもらっても、あまり買い取り金額は変わりません。

 

複数の店舗に査定を出しても、金額に納得いかない場合は、なぜ買い取り金額が安いのか、査定をしてもらった店舗に詳しく説明してもらうと良いでしょう。

 

販売した年代が古い

新品の高級ブランドであっても年代ものだったりした場合、買い取り金額が安くなる場合があります。
有名なブランドの商品で、かつ人気や需要のあるものであれば、高額で買い取ってくれる場合もあります。

 

ただし、5年以上経過すると買い取り金額は安くなる傾向があります。
買い取りをしてもらうブランド買い取り専門店に問い合わせをしてみたり、複数の店舗に査定をしてもらうとよいでしょう。店舗によっては高額で買い取りをしてくれるところもあります。

 

買い取り業者が「ブランド専門店」ではない

リサイクルショップなどで買い取りをしてもらうと、ブランド品の価値以下に買い取り価格を出されてしまう傾向があります。
ブランド品を買い取ってもらう際には、「ブランド買い取り専門店」へ頼むようにしましょう。