ルイ・ヴィトンのモノグラムやダミエ、ダミエアズールなどの定番柄は、高額で買取りされます。

高く売れるものの特徴

 

ブランド品の中には値崩れしにくく、高額で買い取ってもらいやすいブランドがあります。
数多くあるブランド品の中で特にその傾向があるのはルイ・ヴィトンです。

 

ルイ・ヴィトンは「ファミリーセール」という「株主や社員に向けた優待販売」を行わず、アウトレットセーリも行わないブランドのため、安く出回る事がありません。
そのため市場価格のコントロールが他のブランドに比べて整っている事があげられます。

 

また、日本で人気のブランドであることもあって、「グッチ」や「プラダ」などと比べると値崩れしにくく、高額で買い取って貰う事ができます。

 

限定品よりも、「モノグラム」「ダミエ」「ダミエアズール」などの定番柄は高額で買い取りされる傾向にあります。

 

特に「ダミエ」は変色しにくくシミもつきにくい為、高額買い取りされる事が多いようです。
人気モデルである「ネヴァーフル」というトートバックは、痛みにくく、形も崩れにくく柔軟性もあるので高額買い取りされる事が多いです。

 

また、「シャネル」や「ルイ・ヴィトン」や「グッチ」などのヴィンテージものは人気が高い為、多少使い古されたものでも高額買い取りをしてもらえるものもあります。

 

時計であれば、高額買い取りされるブランドは「ロレックス」です。
定価で買う場合は「カルティエ」や「オメガ」のほうが高いのですが、買い取りされるとなると、定価をかなり下回ってしまう事がほとんどです。

 

ブランド品は「取引相場」や「為替」に左右されやすく、買い取り価格があまり安定しません。
時により、急激に買い取り価格が下がってしまう事も珍しい事ではありません。

 

しかし、ロレックスは「取引相場」「為替」などに左右されにくく、査定額も変動がしにくいブランドであると言えます。

 

特に「スポーツモデル」と言われる「サブマリーナ」や「エクスプローラ」と言ったモデルは、プレミア価格が付いて高額買い取りになる事があります。
「GMTマスター」や「デイトナー」などのモデルも高額買い取りになる確率が高いモデルです。

 

ブランド品を高く買い取ってもらうコツ