ポップな柄の虜になるEMILIO PUCCI

エミリオプッチ

自信が初めて手掛けたものはスキーウェアです。
その当時はブランドこそ立ち上げていなかったものの、後の注目を集め現在人気ブランドの一つとして世界中で知られています。

 

 

エミリオプッチ

イタリアの侯爵家に生まれ政治的にもデザイナーとしても成功したといわれているエミリオです。

 

20代の頃、スキーのナショナルチームに所属し、その当時に着用していたウェアが自信のデザインによるもので、後にミラノ大学を卒業。
アメリカに渡りジョージアナ州アセンズの大学を就学後、オレゴン州ポートランドで社会学を学びました。
政治に興味があったエミリオはイタリアに帰国後フィレンツェの大学在学中、政治学で博士号を取得し、10年間イタリア議会に在籍しました。

 

1947年に自信デザインのスキーウェアが雑誌に掲載されたことで人気となり、同誌から冬服のデザインを依頼されニューヨークで売り出された事でデザイナーとしての評判を高めました。

 

当事、独創的なデザインはセレブの中で大流行となり、プッチ柄として現在でも人気を集めています。

 

 

プッチ柄

もともとはグラフィック柄とも言われ、色使いはポップに、流れるような、そして直線も用いる今までにないデザインが一目をおかれた。
まるで万華鏡を見ているかのようなデザインに前例の無さからもエミリオの、その先見性によりファッション界での革命児となり、ファッション業界(世界中)関係者に「Prince of Prints」とも呼ばれていました。

 

コットンジャージー、化学合成素材、シルクジャージーやハイテクストレッチ等も開発し、技術的にもファッション的にもエミリオは先駆者となっています。

 

ファッション業界のみならず、さまざまなプロジェクトにも参加し客室乗務員の制服や、宇宙船のロゴ、車の内装…
ファッション以外のデザインも手掛けました。

 

現代ではレトロな印象としてブーム再来とも言われています。

 

 

主なエミリオプッチ商品

スカーフ
ワンピース
財布
バッグ
ポーチ
衣類
シューズ
文具
アクセサリー
タイ
…etc