誰もが憧れるHERMES

エルメス

もともとは馬具工房として1837年にスタートし、その後現在、主流となっている皮革製品の事業へと展開し現在は一流ブランドとして、世の中に浸透しています。

 

エルメスの魅力は、熟練の職人が作品を手掛ける、(初めから最後まで一人の職人が手掛ける)というこだわりでエルメスのバッグを10代の若者が持ったとするとバッグが若者を持っているとも思える様なにつかわしくない間隔です。
存在感のある作品が多く、それだけエルメスを持ちこなす、着こなすというのは難しい事です。
大人になったら持ってみたいと思う考えの方も多いようで、何よりもエルメスは流行にのっとた作品というより一生物という感覚で持てるので親から子へ受け継いで一生大事にして頂きたい一流ブランドの一つです。

 

エルメスと聞いて、思い浮かべるのがバーキンケリーといった2種類のバッグだと思います。

 

ケリー/バッグ

もともとはサック・ア・クロアという名前で世に出回っていましたが、グレースケリー(モナコ王妃)が妊娠中に
サック・ア・クロアでお腹を隠した所おを激写された。その時に有名となったバッグです。
モナコ公国から許可を得て後にサック・ア・クロアがケリーバックと改名された。

 

グレースケリーは元はハリウッド女優。
カンヌ国際映画祭でモナコ大公レーニエ3世と出会い結婚し、女優業は引退しました。

バーキン/バッグ

ジェーン・バーキン、イギリスロンドン生まれの歌手、女優でバーキンのバッグができたのは偶然からです。
当事のエルメス社の社長がジェーンと飛行機内で隣り合わせとなり、その際に何でも入れることのできるバッグをとのことで贈ったのが最初です。

 

ジェーンは3回の結婚で3人の娘を設けています。
現在も健在で、日本へも寄付活動や、コンサート等も行うなど、活躍中の女性です。

 

 

エルメス革製品のお手入れ方法

 

基本的なお手入れとしては、直営店に持っていくことですが、直営店以外でもエルメス商品を専門に扱うクリーニング店も存在します。
一般的なクリーニング店でも受付てくれる所もありますが、その後の状態の変化等を考え断られる事もあるので先ずは確認してみることが大事です。
本革を使用しているので、ご自分で処理してしまうと更なる悪化も予想されますし、高級な商品うえに、クリーニング代も多少値ははりますが、長きに渡り使用するためにも的確な処置で状態を保って頂きたいと思います。

 

少しの汚れだからといって、水分を含んだ布で処理することは決してしないで下さい。

 

 

主なエルメス商品

ヴィクトリア
エヴリン
エトリヴィエール エラン
エトリヴィエール ショッピング
エールバッグ ジップ
ガーデンショルダー
ガーデン 30
ガーデンパーティー 36
カバック
クルー・ド・セル
ジプシエール
ドゥブル センス
ピコタン ロック
アリン
カレーシュ エクスプレス
シルクイン
ドゴン
ポーカー
エヴリン
ベアン
カルヴィ

 

エルメス製品

バッグ
財布
手帳
スカーフ
ベルト
フレグランス
アクセサリー
ヘアアクセサリー
衣類
食器
時計

ゲーム小物
バス用品
ベビー用品

 

…etc