ブランドバッグを売るときの注意事項

ブランドバッグを売るときの注意事項

 

ブランドバッグを高価買取をしてもらうためには、どのようなことに注意すればよいでしょうか。

 

バッグをきれいな状態で、買い取りの査定をしてもらう

売るものは、きれいなものの方が、印象が良く価格にも影響します。
バッグの掃除で、気を付けたいポイントは

 

汚れを取る

バッグの外側は汚れなどが目立ちますが、意外とほこりなどがたまるのは
バッグの内側、内ポケット、ファスナー部分にもほこりがたまっている場合があります。

 

掃除機や、ガムテープなどで、ほこりを取り除いておきましょう。
バッグの素材によって、手入れの仕方も違いますが
シミや、汚れは乾いた布でふき取る、専用クリーナーでとるなどの方法があります。

 

気が付かない内側の汚れですが、場合によっては買い取ってくれないこともあります。

 

 

二オイに注意する

バッグに入れているものの匂いが、ついていたり、たばこのにおい、
動物を飼っていてその匂いがしていないかをチェックしておきます。

 

風通しの良い所に、干しておくなど匂いが少しでもなくなるようにしておきます。
しばらく使っていないと、かび臭くなる場合もあるので
日頃から、防虫、防かび剤などを使うようにしておくとよいでしょう。

 

 

購入時についていたものはすべて取っておく

箱、保存袋、ギャランティーカード、チャームなど購入時に着いていたならば、
すべて取っておくと売る場合に高く売れます。

 

 

人気のある時に売ってしまう

皆がほしがるものは、買取側もほしい商品なので、買い取り価格も高く売れます。
買ってから、年数がたっていないものほど、購入時の状態もケープで来ているということもあり、高く売れるようです。

 

 

型崩れがしないように普段からきをつけておく

バッグをしまう場合に、型崩れがしないように、中に新聞紙を摘めておくようにし、しまっておく場所にも注意しカビ臭くならないように、気を付けます。
汚れや、傷は査定の時にひびくので、普段から丁寧に使うように心がけます。

 

新品と言っても信じてもらえるような状態にキープすることが秘訣です。

 

たとえまったく売る気のないものでも、くたびれたバッグをもっているのも、あまり印象が良くないので
売るかどうかにかかわらず、手入れの行き届いたバッグを持つことは、身だしなみの一つと考えましょう。